アフィリエイトサイトとSEO業者

今回の検索エンジンの変動で気付いた人も多いのではないだろうか。

何をって?

 

 

 

企業相手のSEO業者ではアフィリエイトサイトのことはわからない

⇒ 対処できない

ということ。

 

今回とは2013/3/6の変動のこと。
この影響を受けたアフィリエイトサイトは多い。
が、SEO関係の世界では何も触れられていない
⇒ 誰も気付いてすらいない
のだ。


何を隠そう、自分自身も当初はそうだった。
企業相手のSEOをビジネスにしていたから、
アフィリエイトサイトが影響を受けるアルゴリズム変動、フィルターの追加など気がつかない時があった。

そのことに気付いたために、自分でもアドセンスやアフィリをやり始めた、
という側面もある。


今ではアフィリエイターの方が本職になりつつあるので、
アフィリエイトのための検索エンジン対策って何が必要?
というのがよくわかる。 

だから「ハイスピードSEO」には、アフィリエイトで稼ぐために不要なSEOノウハウは削除してあるのだ。

アフィリエイトをしていて、やたらとSEOノウハウに興味がある人には、
稼ぐには無駄としか思えないSEOテクニックに、
今もこだり過ぎてるところがあるように見えることが多い。

2013/3/6 アフィリサイトだけに順位変動?

Google, Yahooにおいて大幅な順位変動が3月6日午後に発生した。
残念ながら、私のサイトもいくつか巻き込まれてしまった。

面白いのは、世間のSEO関係のサイトやブログで一切報じられていないことである。
もちろんGoogle自身も何も発表していない。

だが、この日に影響を受けたアフィリエイトサイトは沢山あって、
何人かのアフィリエイターから相談や質問を受けた。

あいにく、その直後、インフルエンザでばったんキューで、
やっと今日、こうして何か書ける状態になったところなのだ。

今、僕のところに集まってる情報だと、
アフィリ関係のサイトだけ影響があったことには違いない。
(想像では、アフィリサイト程度のサイト力では影響を受ける、
という表現が正しいと思うが)。


現に、すべてのアフィリエイトサイトが影響を受けたのではなく、
数は多いけど、それでも一部に過ぎないので。

僕のサイトで影響を受けたのはごく一部だ。
ただ、多少稼げていたり、ASPから特別単価をもらっていたサイトが
大幅順位ダウン、あるいは、圏外に吹き飛んだのは残念だ。


で、大事なことはここからなんだよね。
こういう目に会うことは避けては通れない、
だからこのあとの対処の仕方が稼げるか稼げないかの分かれ目になると思う。
では、どういうように対処するのがいいか・・・


ここからがおもろいで »

関連性の重み

あるアフィリエイターの方と話していて、どうしても上位表示がうまくできないと言う。
よくよく聞いてみると、どうもやり方がまずそうなのだ。

関連性のないサイトからリンクを送ったり、
一気にリンクをつけたりしているみたいだ。

たくさんの商材を購入されているとのことで、
であればそういうところは書いてあると思うのだが、どうして実践されてないのだろうか?

結果として、よくないので頭を抱え込んでしまってるのだけど、
これはもう負のスパイラルに陥ってしまってる。


今、SEO、検索エンジン対策は、
ペンギン、パンダのおかげでやり易くなってるんだよね。


なかでも、重要なのが関連性。
関連性のある10のサイトからのリンクは、
関連性のないサイト100からのリンクより威力がある
そんなイメージだ。

サイトの運用年数、質、とか、他にもいろんな要素はあるけどね、
関連性は最重要じゃないかな。
そこをしっかり捉えておけば、アフィリサイトの対策はとっても楽になるわけだよね。